みなさんこんにちわ。

 

ジャパンプロデュースサービス株式会社です。

 

本日は4月15日です。

 

東京ディズニーランドが開園した日となります。(1983年)

 

だれもが知っているTDL!!!

 

いいですね!ディズニーってだけでなぜかワクワクしませんか?

 

行きたくなる衝動に駆られますよね!

 

まあ 私はそんなの全く無いですが笑

 

 

でもそんなこと言ってしまっては元も子もなくなるので

 

強引に話を続けます

(私同様ディズニーに全く興味ない人はいるはず!

頼む!いてくれ!理解者よ!!)

 

笑笑笑

 

 

さてさて、ディズニーといえばたくさんの映画がありますね!

 

皆さんはどんなのが好きですか?

(良ければコメントへ)

 

大して好きでもないディズニーの中で唯一記憶にあるのが

 

私の場合なぜか「アラジン」なんですよね。

 

なぜでしょう。世代なのでしょうか。

 

 

奇遇にも「アラジン」に纏わる商品があるので、

 

ご紹介いたします。それがこちら。

 

http://www.jps-almega.com/shopdetail/000000000064/all_items/page1/order/

「らくだと一緒」

 

一見模型のラクダの外装だけをはがした物体に見えますが

 

ご安心ください。

 

使用用途は小物を収納するためのラックだ。

 

笑笑笑

 

ホントすいません。

(年齢なんですかね。そりゃいいたくなりますわ笑)

 

 

この「らくだと一緒」風変わりなのは商品だけではございません。

 

当ショップサイトの商品説明文も変わっているのでご紹介いたします。

 

 

以下商品説明文↓

 

 

「らくだと一緒」

「世界一周旅行は誰しもが経験してみたい事柄の一つ。
中でも、エジプトの砂漠横断は勇気と根気がいるものではあるが、

一度はラクダに乗り、後頭部をかんかん照りの太陽に焼かれながら

ゴールを目指したいのは全国民の憧れ。

と同時に実際問題、経済的事情や時間的余裕が

無いのも民の共通する課題である。

しかし、「らくだと一緒」がその心の隙間を埋めてくれる

シビレる一品であることは言うまでも無い。

子供「ねぇ ぱぱぁ。」

親「どうしたんだ息子よ。」

子供「なんでうちは世界旅行いけないの?」

子供「となりの鈴木君は毎年行ってるのに・・・」

子供「そのとなりの飯田君もいってるよ?なんで?」

親「うちはうち!そとはそと!」

子供「えー 行きたい行きたい行きたい!」

こんな時、子供に時間的余裕や経済事情を

説明するほど子は理解が早くは無い。
そこで、「らくだと一緒」であれば全てが丸く収まるだろう。

親「だからラクダと一緒を買ったんだよ!」

親「これで毎日が世界一周旅行さ!」

子供「そうだったんだ!」

親「おまけに小物も置けるしね!」

子供「お父さん大好き!」

商品仕様

屋内用家具
サイズ 131cm×38cm×109cm
材料 木製パネル(組み立て式)」

 

 

 

なんとも奇抜な商品説明文なのでしょう笑笑

 

他にも変わった説明文が多数存在いたしますので

 

是非とも一度ご訪問ください。

 

ALMEGAショップサイトはこちら

 

会社ホームページはこちら  

 

それではまた明日。

 

読者登録してねどくしゃになってね!どくしゃになってね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です