徒然なるままに、ひぐらし

硯に向いて

心にうつりゆくよしなし事を

そこはかとなく書きつくれば、

怪しうこそ物狂おしけれ

急にどうしたって話なんですが

これは古典で有名な吉田兼好による徒然草の冒頭文です。

現代語訳すると

なんとなく一日中、すずりにむかって

心に浮かんだいろいろな事を

とりとめもなく書き始めたら、まるで何かに憑かれたかのように筆が止まらない。

という意味です。

いったい昔の人はどうやって生活していたのでしょうか

働きもせず、書物だけで生活できたのか、

まぁなんでこんな事を書いているのかといいますと

以前にも書きましたが、このブログは持ち回り制で回しています。

そして自分の番が来た時に、いつも考えます。

今日は何を書こうかな、と。

徒然なるままにパソコンに向いて、心にうつりゆくよしなし事を書こうではないか

と思うのですが、いつも手が止まってしまいます。

憑かれたように手が動くことはありません。

そもそも心に浮かぶ事を何でも書いていたら

とても人様にお見せできる内容ではないでしょう。

そう考えると昔の人のほうがきれいな心をしていたのかもしれません。

心に浮かんだ事を何でも書けるような心になるまで精進あるのみです。

それでは今日はこのへんで

【会社HP】こちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です