みなさんこんにちは

ジャパンプロデュースサービス株式会社です。

本日は10月12日 何の日かご存知ですか?

なんと今日は 芭蕉忌 すなわち 松尾芭蕉の忌日だそうです。

松尾芭蕉と言えば「奥の細道」で有名な俳人です。

でもふと思うのですが、俳人ってどうやって生活していたんですかね

俳句を作ってお金をもらう? 誰から?

雑誌のような媒体があって掲載料みたいなもので生活していたのでしょうか。

考えれば考えるほど不思議です。

ただ俳句を詠むのが仕事になるとは思えません。

また俳人という職業には圧倒的なセンスが必要です。

そう言う意味では松尾芭蕉の才能はすごかったのでしょう。

昔にも「今は売れない俳人だけど、成功してビックになってやる」みたいな人もいたんですかね~

まだ売れない漫画家や俳優の卵みたいな感じでしょうか

芸術の世界はスポーツの世界と同じくらい厳しい世界だと思います。

そんな中で歴史に名を残した松尾芭蕉はやっぱり偉人と言えるのかもしれません。

ただどうやってお金を稼いで生活していたのか、謎は謎のままです。

今日は仕事には全く関係のない駄文を載せてしまいましたが

たまには真面目に書きますので、今後ともよろしくお願いします

それでは今日はこのへんで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です